あなたの苦しみ・悲しみをあなたと一緒に乗り越えたい

2015年01月10日

霊的覚醒の段階まで到達している人にとっては、目が見えないのは障害にならない

私たちからすれば、目が見えないというのは、あくまでも相対的な問題としてしか考えておりません。

霊的な盲目という問題をどうお考えになりますか。

地上人類の霊的覚醒を使命としている私たちの立場からすれば、無数にいる霊的に盲目の人の方をむしろ見下したくなります。

霊的覚醒の段階まで到達している人にとっては、目が見えないということは、別に障害とはならないでしょう。ただ物が見えるというだけの視力よりも、はるかに素敵な視野を得ていることでしょう。

皆さんはこうした問題をとかく物的身体の観点からのみとらえて、永遠という概念を忘れがちです。

といって、そのことを非難するつもりはありません。

無理もないことだからです。たしかに、目が見えなければ春の華やかさと美しさは分かりません。

が、そんなものは、霊の華やかさと輝きに較べれば、物の数ではありません。

『霊的新時代の到来』p.57〜58

posted by コバチャン本舗 at 23:45| Comment(0) | 自分と家族の心身の障害の苦しみを乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。