あなたの苦しみ・悲しみをあなたと一緒に乗り越えたい

2015年01月11日

無用の心配をするという、そのことが、霊的成長の欠如の指標

無用の心配をするという、そのことが、霊的成長の欠如の指標であると言えます。

たとえわずかでも心配の念を抱くということは、まだ魂が本当の確信を持つに至っていないことを意味するからです。

確信があれば、心配の念は出てこないでしょう。

偉大なる魂は、泰然自若の態度で人生に臨みます。

確信があるからです。

その確信は何ものによっても動揺させられることはありません。

『霊的新時代の到来』p215

posted by コバチャン本舗 at 17:30| Comment(0) | 心配で不安を乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。