あなたの苦しみ・悲しみをあなたと一緒に乗り越えたい

2015年01月10日

人生の目的と存在の意義を成就するため

病気は当の患者に、人生の目的と存在の意義を成就するためになさねばならぬことを啓示するための手段であったのです。

『シルバーバーチの霊訓(1)』p.133
posted by コバチャン本舗 at 21:50| Comment(0) | 自分と家族の病気の苦しみを乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何ごとにも摂理というものが働いている

どうか“不治の病”という観念はお持ちにならないでください。

そういうものは存在しません。

治らないのは、往々にしてその人の魂がまだそうした治療による苦しみの緩和、軽減、安堵(あんど)、ないしは完治を手にする資格を身につけていないからであり、そこにカルマの法則が働いているということです。

こう申し上げるのは、あきらめの観念を吹聴するためではありません。

たとえ目に見えなくても、何ごとにも摂理というものが働いていることを指摘したいからです。

『霊的新時代の到来』p.177



posted by コバチャン本舗 at 21:48| Comment(0) | 自分と家族の病気の苦しみを乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊が正常であれば肉体も健康

私たちは肉体そのものよりも、その奥にある霊の方により大きな関心を向けていることを、よく理解していただかねばなりません。

霊が正常であれば肉体も健康です。霊に異常があれば、つまり霊と精神と肉体との関係が一直線で結ばれていなければ、肉体も正常ではあり得ません。

『霊的新時代の到来』p.159

posted by コバチャン本舗 at 21:42| Comment(0) | 自分と家族の病気の苦しみを乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦痛も大自然の過程の一つ、摂理の一部

もしもその霊にとって、次の発達段階にそなえる上での浄化の過程として、その肉体的苦痛が不可欠の要素である場合には、あなた方治療家を通していかなる治癒エネルギーが働きかけても、絶対に治りません。

苦痛も大自然の過程の一つなのです。摂理の一部として組み込まれているのです。

『霊的新時代の到来』p.144

posted by コバチャン本舗 at 21:38| Comment(0) | 自分と家族の病気の苦しみを乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦しみの中で過ごす時間は代償として得られる喜びに較べれば実に些細なもの

病に苦しむ人を見て気の毒に思い胸に同情心が湧いてくるのは無理もないことであり、私もそれを咎めるつもりは毛頭ありません。

しかし、その時のあなたは苦しみの一面のみを見ておられ、その人が苦しみの中で過ごす時間は、その代償として得られる喜びに較べれば実に些細(ささい)なものであるということまでは理解が及びません。

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』p.139

posted by コバチャン本舗 at 21:25| Comment(0) | 自分と家族の病気の苦しみを乗り越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする